オーストラリア・シドニーで日本語教師養成講座

シドニーで日本語教師養成講座420時間 毎日、模擬授業があるのでどこよりも実践力がつきます!従って、卒業後は、即、日本語教師としての就職に実績あり!
シドニーでBBIの日本語教師養成講座11週間 オープン記念キャンペーン実施中!

シドニーで日本語教師養成講座 毎日の模擬授業が実践力を付ける!

シドニーの日本語教師養成講座420時間は、実践重視のカリキュラムを導入しています。日本の日本語教師養成講座機関は、スクール形式中心に講義があり、実践部分は、リレー形式の模擬授業を行うなど十分に実践に時間を取らないところが多いですが、このシドニーの日本語教師養成講座は、毎日の様に受講生の誰かが模擬授業を課されます。しかもリレー形式ではないので、自分ひとりで授業の導入、授業、練習、クロージングと進めなければならず、模擬授業をするのに教案や教材の作製など、十分な準備をして臨みます。これらの事は大変な作業ですが、まさしく自分が日本語教師になったときの訓練を毎日の様に自然と積んでいるのがこの講座の特長です。尚、模擬授業後は、それに関して講師を交えて全員でディスカッションを行い、良い点、改善点の議論をします。これにより、全員がその授業を自分のものとでき、教える幅が広がります。その他にも、このシドニーの講座ならではのいろいろな特長があります。



シドニーで日本語教師養成講座の特長

日本語教師養成講座の様子
  • 直接法の指導方法を習得
  • 文化庁の新ガイドラインの指針に沿った授業内容
  • 全養協加盟校
  • 全養協加盟校と入った修了証が発行
  • 模擬授業の多さが最大の特長
  • 講師、クラスメイトとより良い授業内容に向けてディスカッション
  • オーストラリア人生徒に対して授業ができる
  • 一歩外に出れば異文化環境、英語環境

【補足1:ディスカッション】
模擬授業後は、講師や他の受講生とディスカッションにて授業内容をいろいろな角度から吟味します、よって、一定の指導方法のみならず幅広く指導方法を検証する事ができ、一つの授業でも生徒によって、レベルによっていろいろな指導方法があることを習得できます

【補足2:異文化環境】
一歩外に出れば英語と異文化環境なので英語を習得したい、異文化に触れたいという方にも適した環境。この英語や異文化に触れて、その文化を理解することは将来の日本語教師に必ず役立つ経験となります。なぜなら生徒は文化が違う全員外国人だからです。幸いに、オーストラリアは移民の国なのでいろいろな国籍の方が普通に生活をしているので、シドニー滞在中に、ホームステイなど滞在先、レストラン、イベント、旅行などで大いに異文化と触れて下さい。


動画 シドニーで日本語教師養成講座の授業を覗いてみよう

ディスカッションの様子オーストラリア人への授業講義の様子
ディスカッションの様子 オーストラリア人への授業 講義の様子

シドニーで日本語教師養成講座 開校日、費用及びお申込の流れ

開校日

【2017年】
1月9日〜3月31日(2月13日〜2月17日 休校)
2月20日〜5月5日
4月3日〜6月23日(5月8日〜5月12日 休校)
5月15日〜7月28日
6月26日〜9月15日(7月31日〜8月4日 休校)
8月7日〜10月20日
9月18日〜12月8日(10月23日〜10月27日 休校)
10月30日〜2018年2月15日(12月9日〜2018年1月14日 休校)
  • ※祝日・受講人数などにより変更となる場合もございますので、ご了承下さい。
  • ※最新の空席状況は右の空席情報をご覧下さい。

参加条件・ビザなど

ビザイメージ写真

18歳以上であれば特に問いません。シドニーにこれる方であればどなたでも受講する事が可能です。参加に当ってビザは、ワーキングホリデービザ保持者又は観光ビザ(ETAS)にて受講頂きます。

尚、講座修了後、オーストラリアで日本語教師としてのキャリアアップを計るために、現地の小中高校で日本語アシスタント(ボランティア)として活動する事も可能。また、民間日本語学校で有給インターンシップとして、直接法の日本語教師の実習を行う事も可能です。その場合は、ワーキングホリデービザが取得できることとその残存期間が必要です。


費用

プログラム名 期間 通常価格 費用に含まれるもの
シドニーで養成講座 約3ヶ月間 4,500ドル
  1. プログラム費用
  2. 出発までのサポート
  3. 入学金・授業料
  4. 修了証発行
  5. 現地サポート費(インターネットなど無料で利用できます)
☆オプショナル(別途以下の費用が掛かります)
ホームステイアレンジ費用・・・187ドル
ホームステイ費用・・・280ドル/週
初日空港お出迎え費用・・・150ドル
  • ※4,500ドルの費用には入学金、学費、教材費、管理費、実習費含みます
  • ※実際のお支払は日本円に換算した額をご請求申し上げます(オーストラリアドルで弊社オーストラリアの口座宛のご送金も可能)
  • ※尚、日本円でお支払の際には特に海外送金手数料は頂いていません ( 無料です )
  • ※上記費用は2017年の費用です。
  • 以下のRefund Policyをお読み頂き問題なければお申込下さい。
     
  • ・ コース開始後の授業料、入学金、教材費の払い戻しは一切できません。
  • ・ 学校がコースをキャンセルした場合、全費用を払い戻しします。
  • ・ コース開始28日以前にキャンセルされる場合、25%のキャンセル料が授業料に対して発生します。
  • ・ コース開始28日未満にキャンセルされる場合は、授業料に対して50%のキャンセル料が発生します。
  • ・ 入学金、教材費500ドルの払い戻しはありません。

お申込方法

内容を確認して、受講を希望した場合、オンラインお申込みフォームにて送信又は、お申込み用紙(PDF)をダウンロードして弊社宛まで郵送ください。弊社にて内容を確認次第必要な手続きにはいらさせて頂きます。




シドニーで日本語教師養成講座 卒業後の進路

シドニーで日本語教師養成講座を修了した後の進路は様々です。以下ご参考の上、ご自身にあった進路を選択して頑張って下さい。

1.日本語教師として就職する

講座では、十分に教壇での実践力を鍛えられたので、そのまま日本語教師として就職することは可能です。実際に、この講座の卒業生の実績としてもそれが言えます。従って自信のある方は、各日本語教育機関に応募され、採用試験に臨んで下さい。講座期間中にも最新の求人募集情報を学校で紹介しています。また、BBIでも就職サポートをしています。 

2.日本語教師として有給インターンシップを経験する(直接法で指導)

十分に実践をしたけど、まだもう少し実践を現場で経験したい方にお薦めなのが、日本語教師有給インターンシップです。現在、オーストラリア、タイ、モンゴルでこのプログラムは可能です。

3.日本語教師ボランティアとして経験する(間接法・直接法で指導)

直接法の指導方法は勉強したけど、幅広い日本語教師になるために間接法の日本語教師も経験してみたい、また単純に、英語圏等で日本語教師の現場経験を積みたいと考えている方にお薦めなのが、日本語教師ボランティアインターンシップです。現在、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリス、ドイツ、タイ、台湾、モンゴルでボランティア日本語教師インターンシップは可能で、1週間からの短期でも対応可能な派遣国もあります。これまでの経験から言うと、特にシドニーがあるオーストラリアで、講座終了後そのままこのプログラムを利用して小・中・高校で活動される方が多いです。詳しは以下のページをクリックください。