日本語教師養成講座で資格を取得したら、日本や海外で日本語教師として就職しよう!

日本語教師養成講座で日本語教師になる。  世界で日本で活躍する日本語教師という仕事とは、日本人が日本人スキルを使って積極的に国際舞台で活躍できる仕事
日本語教師になる。

日本語教師になる

日本語教師と言う仕事を知っていますか?自らが主体的に国際貢献ができるとても魅力的な仕事です。国際化が叫ばれて久しく外国人と触れあう機会も特別な事ではなくなってきました。そして、今後はより外国人と接していかなければいけない世の中になりそうです。

かつて日本は鎖国を経験し、また島国である事があいまって外国人と触れ合う機会が少ない国民といえたと思います。ヨーロッパの国々を見てみると陸続きで隣の国があり、これまで領土の奪い合いを多く経験してそういった時代からある意味国際化が進んでいたのだと思いますが、一方日本はそうではありませんでした。逆に言うと、長い歴史を単一民族で尊く育んできた、独自の文化を持った国と言えると思います。

ところが環境は一変し、外国で活躍する日本人も日本で活躍する外国人も増えてきて、それらを取り巻く環境は多様化を呈して来ています。日本や日本人と関わる外国や外国人とでは、コミュニケーションをうまくとることがスムーズに何事も進める方法です。英語を使ってコミュニケーションをとる事は、スタンダードではありますが、日本の事を知ってもらう、日本人が持っている世界水準のスキルを伝えるとなると日本語を通じて、日本を伝える人を通じて教えていく、紹介をしていかないと十分に伝わらなくなります。

日本語教師になる。

世界でも日本国内でも日本語を勉強したい人、日本の文化や習慣を知りたい人、学びたい人はたくさんいます。そしてそのニーズはこれからますます増える傾向にあります。

そんな人たちに、そんな環境に応えられるのが、この日本語教師と言う仕事です。自分を通じて日本語がうまくなったり、日本を知ってもらったり、そしてその人たちが母国で世界で活躍する事はとても喜ばしく嬉しい事です。

そして彼らが活躍する事により、国際貢献ができ少なからずとも世界が平和になるサポートをしている事につながります。いかがでしょうか。こんな素晴らしい事ができる日本語教師と言う仕事。日本人なら誰でもスタートできる、これからの時代にあったとてもやりがいのある仕事です!



日本語教師になるには

日本語教師になるには では、日本語教師になるためにはどうしたら良いのでしょう。

実は、友達の外国人に簡単な日本語を教える事だって立派な日本語教師としての仕事です。でもここでは、日本語教師と言う職業を仕事として(生業として)活動する事に絞ってお話をしたいと思います。

日本語教師と言う仕事、実は大きく分けて2つあります。
一つは、日本語を使って日本語を教える直接法と言う指導方法を使った日本語教師と、英語などの外国語を使って日本語を教える間接法と言う指導方法を使った日本語教師とになります。



就職情報